偽心機

機能を失った人の内部の代替として作られた「偽臓機」と呼ばれる機械。その中でも取り分け多く発掘されるのが心臓の代替機「偽心機」である。他の偽臓機よりも圧倒的に多く、しかし発掘される範囲はさほど広くはない。この事から偽心機は開発の成功後量産されたが、寿命の克服や不死の可能性を見出してしまい、危険と判断されて世界に広まる前に記録ごと抹消されたと推測される。

<世界観/古代機械についての記録>

クリエイター:清水 嶺 [音楽]
今回の作品の為に集った3人。ヒーリングの清水、爽やか熱い系のtsurugi、ギターを奏でる風原でお送りします。

コメントは受け付けていません。