磐石の月風車

神秘の泉の中央に、月の一族が建てたとされる。軸は朽ちており、現状では翼の回転は不可。神秘の泉は、このエリアに住んでいた一族の祭事の場であり、風車は、祭に使われた、風力を利用した楽器の一部と推定。一族の楽器の音色は、人類にはあまりにも刺激的で、非人間的能力を覚醒させると言い伝えられ、楽器の復活による潜在能力開花で滅びの回避を願うスカラと、覚醒の顛末を恐れるスカラが対立し、長い間冷戦状態となっている。

<世界観/古代機械についての記録>

クリエイター:Potwi [音楽]
VOCALOID、UTAU、Instrumentalを作る犬です。物語性溢れる音楽を嗜好としており、最近はオケとepicの勉強をしております。

コメントは受け付けていません。