ミクトランシワトル

巨大絡繰時計「モーント・レッヒェルン」は、血屍人による呪術で似ても似つかぬ姿へと変貌していた。絡繰の迷宮の最奥に潜む魔女には穢れた月の魔力に魅入られた。
彼女がスカラとしての探究心や、三度目の終わりから時計を守ろうとした勇姿を思い出すことはもうできない。執念に囚われし魔女は、今はただ古代機械の番人として虚ろに時を刻む。

<世界観/モンスター(生物・機械・超常)についての記録>

クリエイター:河邊玲 [音楽]
オーケストラを中心に作曲しています。

コメントは受け付けていません。