天空要塞ロマノフ

彼らはついにやってきた。古代機械タイタンがなんらかの要因によって本来の目的である『この星の破壊』を自らの手で実行し、場合によってはタイタンを回収するために。彼らにとって戦争という言葉は存在しない。何故なら戦争という言葉はある程度拮抗した戦力だからこそ意味のある言葉であり、彼らの行うソレはまさに無人の野を歩くかの如く侵攻するからである。そう、あの巨人の存在を除いては。巨人の覚醒の時は近い。

<世界観/古代機械についての記録>

クリエイター:稲米 [音楽]
ゲーム音楽やヒーリング音楽を中心にミュージカルや舞台音楽などに少しずつ曲を提供しています。 壮大な曲大好き人間です。オーケストラ勉強したい勢!

コメントは受け付けていません。